よく、富山県が冬でもアイスの消費量が日本一!と言う話を聞きますが、その理由は実はとても理に敵っていた様です

この寒い寒い冬にあまりアイスを食べた〜!とか、アイスを食べたい!!と言う願望がある人は多く無いとは思いますが、あの豪雪地帯の一つでも知られる富山県は実は、冬場のアイスの消費量が日本一!だったりします。

どうも、ぬっくぬくのコタツに入って冷た〜いアイスを食べる!これが冬の醍醐味!らしいのです。

ある意味、コタツに入ってテレビ見ながらみかんを食べる〜と言うのに似ているかも知れませんが、ちょっと若干違うのかな?と言う来もしてきました。

そもそもコタツに入ってアイスを食べるタイミングを聞いてみると、長時間コタツに入っていると何だか身体が、夏の熱い時期に長時間陽射しの下に居た時の様な感覚になる事があるそうです。

それでアイスを食べてクールダウンすると、何か冬だなーと思うそうなんです。

いや、それってちょっとオカシいでしょ?
そんなになるまでコタツに入ってる時点で、ヤバいでしょ?!

とか思うんですが、向こうの方の人はそうは思わないんですね〜。

コタツに入っていて暑いと感じたらコタツから出るのではなくアイスを食べる!のが、正しいそうなのです。

さて、ココまで見てみると、ちょっと変な世界を垣間見た様な気分になりますが、実際の所とても理に敵っている行動だと言う事が分かります。

実は、コタツに入ってアイスを食べると言う行動は、コタツに長時間入っている事により生じた身体の渇きを潤すと言う、至極自然な行動の一環だったのです。

なので、コタツに入って暑くなってアイスを食べると言う事は、人体が健康的な状態を保とうとする自然な行動の一つなので、別段何も間違ってはいなかったのです。

と言う事から、富山県の人々の行動をオカシいと言っている人はたくさんいると思いますが、そう言った行動理念が根底に敷かれている事を鑑みると、その行動はとても正しくあるべき姿だと言っても過言では無いでしょう。

もし、機会があって冬場に富山県を訪れてコタツに入ってのんびりする〜と言う場面に自分も入る事になった!と言う方は、コタツの中で暑くなったらアイスを所望してみてください。

きっと必ず、地元の人と仲良くなるのが早くなるでしょう。

そして、コタツに入りながら食べるアイスをじっくり味わってください。


気になるニュース

金総書記、中国指導部と会談

この動きに対して、韓国は対中警戒度を高めている。

経済面でも、中国が韓国国債を買い越していることに警戒感を持っているとのこと。

中国は最近、日本国債も買い越しているので、貿易に関する方針は何か変わったっぽい。

韓国は物価はどんどん上昇しているが、消費者の購買心理を示す指数は下がり始めている。
金融当局がデリバティブ商品に関する監視を強化し始めてもいるので、バブル末期の兆候が出てきている。

アメリカが中国市場の成長限界を見越して手仕舞い始め、その影響で中国が韓国を切り、日本と北朝鮮にケツを持たせようとしている感がある。

xn----eeug5d1a0b1db8irc6b0hyct284e.com

なんにしても元を辿れば、全てはアメリカの投資計画次第ということ。